住宅を守りたい!

民事再生手続きには、「住宅資金特別条項」 というものがあります。 簡単に説明すると、住宅ローンを抱えてる方で、それ以外の借金を大幅に減免することによって(1/5 or 最低返済額100万)、住宅を守ることが出来る手続きです。

「住宅資金特別条項」を定めることができる「住宅資金貸付債権」とは?
@「住宅」の建設もしくは購入に必要な資金、または
  「住宅」の改良(リフォーム)に必要な資金の貸付に係る分割払いの定  めのある債権で、かつ
A貸付債権または保証会社の求償権を担保するための
  「抵当権」が「住宅」に設定されているものをいいます。
  いわゆる住宅ローンのことです。

次の場合には、住宅資金特別条項を定めることは出来ません。
※@住宅ローン以外の担保権が存在するとき。
  (消費者金融等の不動産ローン等)
※A住宅ローンのために、「住宅」以外の不動産にも抵当権が設定
  されている場合において、「住宅」以外の不動産の方に後順位抵当
  権が存在するとき。

無料電話相談
大阪:06-6782-5811
京都:075-645-3159
AM9:00〜PM9:00

相談員が直接ご相談を
お聞きします。

メール相談
24時間受付中

大阪サイト


借金・債務相談
相談方法
無料メール相談
借金減額/引直計算
個人再生
自己破産
任意整理
特定調停
TOPへ
AX