特定調停を選択する基準

特定調停に関する電話での無料相談
06-6782-5811

比較的件数が少なく取引期間も長く、債務者に安定した収入または援助があり、かつ、利息引き直し計算をした結果3年以内の支払が可能な場合に特定調停は有効であると言えます


特定調停を選択する基準

  1. サラ金等からの借金が長期間にわたる場合
  2. 借金総額が少ない場合。
  3. 債権者が多くない。5社前後〜多くても10社が目安です。
  4. 安定した収入が将来にわたって見込める
  5. 自営業者で、営業を続けながら借金を整理したい。
  6. 不動産を所有していている場合。
  7. ギャンブルが負債の原因等免責不許可事由があり、破産の選択が困難な場合。

無料電話相談
TEL:06-6782-5811
AM9:00〜PM9:00

相談員が直接ご相談を
お聞きします。

メール相談
24時間受付中

相談会予定

自己破産の解説


特定調停とは
特定調停による減額
特定調停を選択する基準
特定調停のメリット
特定調停のデメリット
借金・債務相談
相談方法
無料メール相談
借金減額/引直計算
個人再生
自己破産
任意整理
TOPへ
AX