特定調停のデメリット

特定調停に関する電話での無料相談
06-6782-5811


特定調停の大きなメリットは、費用が安という点でしょう。

弁護士に依頼しなくても自分で行なえます。
特定調停で話し合いがつけば合意した内容が記載された「調停調書」が作成されます。しかし調停調書には判決と同じ効力があり、この調書に従って支払えている場合はよいのですが、支払いが滞った場合は強制執行を受ける場合もあるので注意が必要です。

任意整理では弁護士が行ってくれる利息の再計算などは自分で行い、また理解しなくてはなりません。
調停委員がいるとは言っても、直接債権者と相対して話し合わなくてはならないこともありますので、かなりの知識と理論武装が必要です。

また特定調停は、あくまでも話し合いによる解決を求める手続きですので、強制力がなく、合意不成立となった場合は断念しなければなりません。

総じて、弁護士に依頼する任意整理と比べ、調停委員の力量にも左右され、和解結果に差が出る場合があります。
結果的に、弁護士費用など含めても、今後の支払総額は「任意整理」の方が安く済むこともあります。

無料電話相談
TEL:06-6782-5811
AM9:00〜PM9:00

相談員が直接ご相談を
お聞きします。

メール相談
24時間受付中

相談会予定


特定調停とは
特定調停による減額
特定調停を選択する基準
特定調停のメリット
特定調停のデメリット
借金・債務相談
相談方法
無料メール相談
借金減額/引直計算
個人再生
自己破産
任意整理
TOPへ
AX