個人再生で住宅を守る方法 京都・滋賀で無料借金相談

消費者サポートセンター京都

個人再生 NPO消費者サポートセンター
京都・滋賀センター

非営利活動市民団体です。
借金返済に苦しむ多重債務の方の無料相談窓口です。京都・滋賀を中心に活動しております。

借金・債務整理相談

任意整理
特定調停
個人再生
自己破産
住宅ローン延滞
ヤミ金融被害
借金一本化

       住宅を守りたい!

民事再生手続きには、「住宅資金特別条項」 というものがあります。
簡単に説明すると、住宅ローンを抱えてる方で、それ以外の借金を大幅に減免することによって(1/5 or 最低返済額100万)、住宅を守ることが出来る手続きです。

「住宅資金特別条項」を定めることができる「住宅資金貸付債権」とは?

@「住宅」の建設もしくは購入に必要な資金、または
  「住宅」の改良(リフォーム)に必要な資金の貸付に係る分割払いの定  めのある債権で、かつ
A貸付債権または保証会社の求償権を担保するための
  「抵当権」が「住宅」に設定されているものをいいます。
  いわゆる住宅ローンのことです。

次の場合には、住宅資金特別条項を定めることは出来ません。
※@住宅ローン以外の担保権が存在するとき。
(消費者金融等の不動産ローン等)
※A住宅ローンのために、「住宅」以外の不動産にも抵当権が設定
されている場合において、「住宅」以外の不動産の方に後順位抵当
権が存在するとき。

 詳しくはこちらへ⇒無料相談NPO消費者サポートセンター京都

自己破産は事情があって出来ない!

例えば、極端な浪費やギャンブル、返す当てもないのに短期間の高額な借入等、免責不許可事由と呼ばれるものがあり、破産手続きを行っても、全ての事件で「免責」が得られるわけではありません。
しかし、民事再生手続きには、その様な規定がないので減免の対象になります。
また、破産手続きにおける「同時廃止」(換価し配当する資産が無い)の場合は「破産管財人」が選任されることなく、何ら制限も受けず、会社に知られることはありませんが、様々な要因によって「管財事件」になる恐れがある場合も、民事再生を選択すれば、周囲に知られることはありません。

 無料相談はこちらへ⇒無料相談NPO消費者サポートセンター京都

   消費者金融(サラ金)の実態について
 借金相談 京都支部             スター2 自己破産の解説  住宅ローン延滞

     無料相談窓口
     京都・滋賀センター
     大阪センター

 075−645−3159
 06−6782−5811  

スター2 サイトマップ グレーゾーン金利

当会は京都・滋賀を中心に相談活動を行っておりますが、上記地域以外の方でも、お気軽に相談下さい。

c2006 NPO消費者サポートセンター京都 All Rights Reserved